2011年03月15日

拡散《報道機関のヘリコプターも被災地救援活動に拠出せよ!》

ENGLISH TRANSLATION



拡散《報道機関のヘリコプターも被災地救援活動に拠出せよ!》







報道機関のヘリコプターが、被災地から「住民が食糧や水を求めています」と、取材報道をしているが、今、緊急に求めてられる報道機関の行動は、取材するにしても「ホッカイロ、毛布・水・乾パン」などを、できるだけ積み込んで行くべきではないのか。



今後、各テレビ局は、NHK以外は輪番制にして、一社だけが深夜放送をするべきなのだ。


これを起点に、被災地がある程度落ち着き、公共交通機関などに電気が供給されるようになるまで、「芸人バラエティー番組」などは、中止するべきだが、昨日の深夜、某テレビ局は芸人バラエティー番組を放送していたが猛省を促します。


菅首相は、今日、東電に出向き「東電からの情報が遅い」と、文句を言っていたが、それは違うだろう。政府担当部門から官邸に情報が上がってないのであり、政府の危機管理の連絡システムの問題だろう。

これは、尖閣中国漁船事件を沖縄地検に押し付けたことと同じく、政府の責任を東電に押し付けようとしているのだ。菅首相は、国民レベルの愚痴を言っている場合じゃないだろう。


菅首相が厚生大臣のときの、「かいわれ大根パフォーマンス」と、状況が違うことを分かってない。これから、同じようなパフォーマンスをするのであれば、菅首相の食事は、是非、福島産農産物を使用することです。


ただただ残念なことは、危機意識を持ち合わせていた保守系国会議員が、2009年の総選挙で殆ど落選して永田町にいないことです。




★ジャーナリスト水間政憲:
ネットだけ転載フリー(条件:全文掲載・非営利)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/



Please click this banner. Thank you!

人気ブログランキングへ
posted by 水間 at 19:46| 拡散 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。