2010年11月04日

拡散《押し込み強盗と火事場泥棒に対して日本人は激怒せよ!》

ENGLISH TRANSLATION

↓クリック支援よろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ

拡散《押し込み強盗と火事場泥棒に対して日本人は激怒せよ!》




● 一連の尖閣と北方領土問題は、
「歴史は繰り返す」の格言通りの実態になっております。


山賊国家中国が、チベットやウイグルに押し込み強盗をしたのと同じことを、現在、中国は、経済力を背景に海軍力を整備して、大航海時代の英国やスペインもあっと驚くような海賊国家(押し込み強盗)の呈を示しています。その狙っている領土は、南沙諸島だけでなく、尖閣→沖縄→九州に照準を合わせています。


その中国の戦略を読み切れない 「カンカラ菅首相」は、為す術もなく馬鹿の一つ覚えのように「戦略的互恵関係」などと、うわごとを唱えている隙を見計らって、「火事場泥棒国家ロシア」は、泥棒の遺伝子がよみがえり、教科書通りの行動をとってきました。


主権国家固有の領土を侵略して来たら、それは戦争です。


この状況の日本国民の姿は、侵略してくる中国やロシアの姿の裏返しとして、両国が「鏡」の役割を担っています。

現在、日本の政治は「商人政治」に堕ちいり、ロシアの暴挙に対して日本経済同友会の代表幹事が「経済に支障をきたさないことに配慮することを政府に望む」などと、いまだに寝ぼけたことをほざいています。


この一連の領土問題で、一番毅然として主張しているのは、驚くことなかれ日本共産党です。


日本人は、今この時、覚悟しなければ、中国は九州まで、ロシアは北海道を強奪する挙に出てくると自覚しなければいけません。



日本がポツダム宣言を受諾して休戦状態の中、ソ連が歯舞・色丹諸島に上陸して来たのは、米軍が同諸島にまだ居ないことを確かめて、昭和20年9月過ぎに「火事場泥棒」のように上陸し不法占拠しているのです。

その同諸島にメドベージェフ・ロシア大統領は、クナシリに引き続き、視察するとの妄言をロシア外務大臣が公式に発言しました。


日本の政治家並びに国民とマスメディアは、民主党に政権を与えたことを猛省して、一丸となってこの危機的状況に対処しなければ、国そのものを失ってしまうことを自覚するべきなのです。


故中川昭一先生は、昨年の総選挙の時、帯広郊外でトラクターの上から、
民主党に政権を渡したら日本が危ない。農業は壊滅的状況になる」などと、TPPを闇雲に推進する民主党の危険性を見極めていました。ところが、民度の低い有権者に伝わらず、悲壮感を漂わして連呼していた姿が目に焼き付いています。

道産子の一人として恥ずかしいかぎりです。


北海道民よ、あなた達は、日本丸を繰船できる貴重な政治家を死に追いやったいくばくかの責任があるのです。

日教組教育の権化のような現政権が、日本を滅ぼすことが明らかになった今、左右のイデオロギーに関係なく、日本を守るうえでのあらゆるタブーを排除し、日本を守る議論をするときなのです。


その視点に立てば、先制攻撃をしないとの国会決議に基づく「核武装」は、許容範囲にすることも可能になります。


日本人は座して、中国とロシアの奴隷になることを選択する覚悟があるのか否か。


いま待ったなしで、日本人に覚悟の選択が迫っているのです。


最近、街頭でのデモを見ますが、何を目的にしているデモなのか、英語、中国語などの「プラカード」も必要なのです

中国の通信社など反日マスメディアは、大きな日の丸が林立する日本国内のデモが、中国の「官製反日デモ」と相対化するための映像として利用しています。


参考までに十数年前のデモの形態をお知らせします。それは、日の丸より圧倒的にプラカードと横断幕でやっていました。その時に日の丸をもっていても小さめの日の丸でした。

米国や中国と比較すると、日本は相対的に単一民族ですので「日の丸」は遺伝子に組み込まれています。一般国民が街頭から見ていると、気軽に参加しずらい「バリア」が、林立する日の丸にはあります。冷静に考えれば簡単に分かることです。


最近、デモを見ているとなにを目的にしているのか、日の丸を振ることを目的にしている訳ではあるまい。

大きな日の丸を林立させ、民族派デモと色づけを狙っているのは中国と反日マスメディアです。

また、デモで大きな日の丸を林立させることは、中国からの要望です。それが理解できずに闇雲に大きな日の丸を持ち歩いている方々は、知らずしらずに中国の工作通りに動かされているのです。



いまデモに必要なプラカードは、
尖閣ビデオを一般公開せよ!」とか
尖閣ビデオを公開しない菅と仙谷に問責決議案をだせ!」とか、国民の声と支持を得られる「プラカード」をたくさん掲げて参加することが大事なのです。

これからも、覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様方のお力添えのもと、国民ができる戦略を繰り返し呼びかけますので、宜しくお願いいたします。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■この記事は、営利目的以外インターネットだけ転載フリーとします。
転載条件は【水間条項から転載】との表記だけで結構です。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

民主党政権下で、せめて覚醒している国民がしっかり一致団結して意思表示をしなくては、日本を守ることはできないでしょう。

それらに対抗する「」に、
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を利用していただけることを願う次第です。

  

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
↓クリック支援よろしくお願いいたします!


人気ブログランキングへ
posted by 水間 at 09:21| 尖閣問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。