2011年02月26日

拡散《朝生観て驚きました!》

ENGLISH TRANSLATION

Please click this banner. Thank you!

人気ブログランキングへ


拡散《朝生観て驚きました!》






● 昨夜、テレ朝の「朝まで生テレビ」のテーマは「領土問題」でした。



感想は、「朝生」の役割は終わった、の一言です。
竹島問題になって、共産党議員が例によって「創氏改名の強制」を連呼しても、きちっと反論するものが誰も居ませんでした。


覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様方には、常識になっている事実関係を理解しているものがいない現実。

この知識格差が、閉塞感の根本的原因ですね。


出席者が一言、「当時の朝鮮版朝日新聞に創氏改名の詳細が報道されているが、強制は間違いです」と、発言すれば済むことが出来ない情けなさ。


朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』と『いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実』は、論争を封じ込めるための「武器」として上梓したのですが、まだまだ無視しておける発行部数なのだと実感しました。

  


情報戦とは「心理戦」であり、テレビなどで嘘を発言できない情報ネットワークを構築する必要があります。


『ジャスミン革命』のネットワークが、中国の23都市に飛び火したことで、いままで通り「尖閣」を利用してガス抜きできるか否か、中国政府は喧々囂々の会議をしているだろうが、是非とも「尖閣デモ」や「尖閣へのデモンストレーション」をやってもらいたいものです。


いま日本に必要なことは、自主防衛意識を高めることであり、中国を利用して潜水艦やイージス艦だけでなく、一気呵成に「空母機動艦隊」の配備と「核爆弾の研究に着手」まで、国民世論を誘導するチャンスなのです。


日本の「核爆弾の研究」は、周辺国の軍事動向によってはいつでも開発配備する準備であって、直ぐ核武装するものではないと、国際社会に声明を出せばそれで済むことなのだ。


中国は、5月か6月に「尖閣」と「沖の鳥島」海域を偽装民間船で遊覧航行する呼びかけをインターネットで配信しています。


この千載一遇のチャンスを最大限利用して、「空母機動艦隊の配備」と「核爆弾の研究に着手」できるように、今から準備しておくことが肝要なのです。



□◆□◆□◆□◆□◆□◆


◆下記は、覚醒されていらっしゃる有志の方が、図書館の正常化を呼びかけて作成された動画のURLです。
毎月10日と第4土曜日は保守本を図書館にリクエストする日】と定めて、全国で同日一斉に「リクエスト」することが必要なのです。


日本の領土奪還に向けて誰でもできること
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13655620
http://www.youtube.com/watch?v=1cfytSmYeh4




□◆□◆□◆□◆□◆□◆


◆インターネットユーザーの総力で、民主党の
休暇分散化構想」を粉砕しましょう。効果的な意見書送信先は下記の通りです。


★民主党

直嶋正行参議院議員
http://www.naoshima.com/
メール:info@naoshima.com


安住淳国対委員長
http://azumi-jun.jp/index.html
メール:g00017@shugiin.go.jp
TEL:03(3581)5111(代表) FAX:03(3508)3503
TEL:0225(23)2881 FAX:0225(23)1288


菅直人首相
http://www.n-kan.jp/
メール:kan-naoto@nifty.com


★自民党

谷垣禎一総裁
http://www.tanigaki-s.net/
お問い合わせ:
http://entry.tanigaki-s.net/contents/code/inquiry?re=1297499164


石原伸晃幹事長
http://www.nobuteru.or.jp/activities/profile.html
ご意見:
http://www.nobuteru.or.jp/feedback/iken.html


逢沢一郎国対委員長
http://www.aisawa.net
メール:ask-aisawa@aisawa.net

以上です。覚醒している皆様方の絆で日本を護りましょう。



□◆□◆□◆□◆□◆□◆


菅総理大臣・岡田幹事長・枝野官房長官・レンホウ大臣・高木文科大臣にメールで、注意の喚起と拙速な発言にたいして、抗議のメールをお願い致します。

菅総理大臣:
http://www.n-kan.jp/
ご意見箱:kan-naoto@nifty.com

岡田幹事長:
http://www.katsuya.net/
お問い合わせは:webmaster@katsuya.net

枝野官房長官:
http://www.edano.gr.jp/
ご意見:
http://www.edano.gr.jp/inquiry/inquiry.html

レンホウ大臣:
http://renho.jp/
ご意見:http://renho.jp/contact
メール:info@renho.jp

高木文科大臣:
http://www.y-takaki.jp/
ご意見:
https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry40/
Tel(095)826-0446
 Fax(095)826-0445





□◆□◆□◆□◆□◆□◆


西川京子先生は、
『南京の実相』を出版したときの
「自民党歴史議連事務局長」でした

南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった

■ここに西川京子先生の動画のURLを提示しますので参考にして下さい。

★西川京子 いわゆる「南京大虐殺」を検証する
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6166642


★第1回テレビ調査「麻生首相が大感激」西川京子衆院 ...
http://www.youtube.com/watch?v=UFXzMRsA_dI


★日本は鳩山由紀夫のもの!?、女性議定書退治・西川 ...
http://www.youtube.com/watch?v=p2bnYbrGKcw


★西川京子議員が語る 真実の報道をしない今のメディア
nicovideo.jp
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6033114


□◆□◆□◆□◆□◆□◆

★このまま日本人が無関心でいると、国際社会で益々、尖閣諸島は「中国」との国際世論が形成されますので、
国家の盾』を手にして戴き、尖閣諸島問題の基本的経緯を把握された皆様方の総力を結集して、ゴールデンウィーク明けに、沖縄で数千規模の「守れ尖閣諸島」のシンポジウム&デモンストレーションを実行する必要を痛感しております。



□◆□◆□◆□◆□◆□◆

西川京子先生を選挙区支部長に選出しない自民党は、保守政党として認めることはできないことを、自民党総裁と幹事長に要請をお願いいたします。

自民党ホームページ:
http://www.jimin.jp/index.html

自民党に対するなまごえ(ご意見・ご要望):
https://youth.jimin.or.jp/cgi-bin/info/meyasu_form.pl

谷垣総裁お問い合わせ:
http://entry.tanigaki-s.net/contents/code/inquiry?re=1292224445

石原幹事長ご意見:
http://www.nobuteru.or.jp/feedback/iken.html



要請書の「ひな型」は、
《【日本を】『日本解体法案』反対請願.com》に掲載されております。

http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-236.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆

動画サイト『超人大陸』で『国家の盾』を解説しました

民主党政権には任せられない。日本の武器となる本を出しました。
http://www.choujintairiku.com/mizuma/mizuma3.html


国民が国家意識を共有できなければ、国土も伝統・文化などを守れません。
それには、国民が正しい知識をもつ必要があります。


その基本的国家意識の知識に
いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」』を、
」として振っていただければ幸いです。





日本のマスコミ報道に疑問を抱きつつも、日本人が朝鮮半島で残虐な行為をしたといまだに思っていらっしゃる方、
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「「七奪」は日本の「七恩」だった』の中で、当時の朝鮮版朝日新聞の記事が、真逆だったことを証明してくれてます。


  


□◆□◆□◆□◆□◆□◆

■PVSTAR 携帯専用の無料動画サイト
http://pvstar.dooga.org/Tags/%90%85%8A%D4%90%AD%8C%9B/?guid=ON

この記事は、営利目的以外インターネットだけ転載
(条件:全文掲載)フリーとします。
転載条件は【水間条項から転載】との表記だけで結構です。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/


Please click this banner. Thank you!

人気ブログランキングへ
posted by 水間 at 23:02| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。