2011年02月16日

拡散《秀逸なテレビコマーシャルに激励を!》

ENGLISH TRANSLATION


Please click this banner. Thank you!

人気ブログランキングへ


拡散《秀逸なテレビコマーシャルに激励を!》





● 政治家のパフォーマンスには辟易させられるが、レンホウ大臣の国会議事堂内のファッション誌の撮影以上に問題なことは、最先端スーパーコンピューター開発予算のカットを
「二番じゃダメなんですか!」との無知な発言で切り捨てたことです。



その後、その予算が復活したからと言っても、政治家としては見過ごすことが出来ない根本的資質が問われているのです。


それに対して、民主党を支援しているマスコミの追及の甘さで、いまだに大臣ポストを維持しています。

そんな現況を、ユーモアでレンホウ大臣にダメージを与えているテレビコマーシャルに拍手喝采です。


その内容は、中古車販売会社「ガリバー」のテレビテレビコマーシャルです。

レンホウ大臣に見立てた「白」のスーツを着た女性を前に、「ガリバー」の営業マンが「ガリバーは中古車販売一番を目指しています!」と発言すると、レンホウ大臣のそっくりさんが、生意気そうな身のこなしで、喋り方も似せ「二番じゃダメなんですか!」と、絡む絶妙なコント風に纏められています。


このコマーシャルが、どれほどレンホウ大臣にダメージを与えたかは一目瞭然です。


それは、そのスポットコマーシャルが流れてから、レンホウ大臣はイメージカラーの「白」のスーツを脱ぎ捨て、「黒」のスーツに衣替えをしたことで分かります。

肩の力を少し抜いて、このようなユーモアも政治活動には必要です。


是非、「ガリバー」には、レンホウ大臣そっくりコマーシャルの第2第3弾を流して貰えるように、激励のメールを贈って上げたいです。


※ 就任してまだ1ヶ月に満たない宮崎県県知事が昨日、霧島連山と鳥インフルエンザの被害状況を、天皇陛下に上奏することが許されました。


東国原・前宮崎県知事の4年間、未曽有の「口蹄疫」や
「鳥インフルエンザ」の被害の上奏はありませんでした。



それは、たけし氏が昨年暮れのテレビ番組の鶴瓶氏との対談で、
「東国原が俺のマネージャーやっていたとき、止めてあった自転車を盗んだら、持ち主のおばあちゃんに荷台を引っ張られ、それを振り切って逃げて警察に捕まった。そのおばあちゃんが車道に倒れて死んでたら、アイツはまだ刑務所に入っているよ!」との趣旨で、面白おかしく語っていました。たけし氏は、暗に東国原が都知事選に出馬することを批判したと思われる。それ以外にも講談社襲撃事件、マネージャー暴行事件、少女淫行事件の当事者であり、たけし氏でなくとも良識ある国民は苦々しく思っていることであろう。


□◆□◆□◆□◆□◆□◆


◆インターネットユーザーの総力で、民主党の
休暇分散化構想」を粉砕しましょう。効果的な意見書送信先は下記の通りです。


★民主党

直嶋正行参議院議員
http://www.naoshima.com/
メール:info@naoshima.com


安住淳国対委員長
http://azumi-jun.jp/index.html
メール:g00017@shugiin.go.jp
TEL:03(3581)5111(代表) FAX:03(3508)3503
TEL:0225(23)2881 FAX:0225(23)1288


菅直人首相
http://www.n-kan.jp/
メール:kan-naoto@nifty.com


★自民党

谷垣禎一総裁
http://www.tanigaki-s.net/
お問い合わせ:
http://entry.tanigaki-s.net/contents/code/inquiry?re=1297499164


石原伸晃幹事長
http://www.nobuteru.or.jp/activities/profile.html
ご意見:
http://www.nobuteru.or.jp/feedback/iken.html


逢沢一郎国対委員長
http://www.aisawa.net
メール:ask-aisawa@aisawa.net

以上です。覚醒している皆様方の絆で日本を護りましょう。



□◆□◆□◆□◆□◆□◆


菅総理大臣・岡田幹事長・枝野官房長官・レンホウ大臣・高木文科大臣にメールで、注意の喚起と拙速な発言にたいして、抗議のメールをお願い致します。

菅総理大臣:
http://www.n-kan.jp/
ご意見箱:kan-naoto@nifty.com

岡田幹事長:
http://www.katsuya.net/
お問い合わせは:webmaster@katsuya.net

枝野官房長官:
http://www.edano.gr.jp/
ご意見:
http://www.edano.gr.jp/inquiry/inquiry.html

レンホウ大臣:
http://renho.jp/
ご意見:http://renho.jp/contact
メール:info@renho.jp

高木文科大臣:
http://www.y-takaki.jp/
ご意見:
https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry40/
Tel(095)826-0446
 Fax(095)826-0445





□◆□◆□◆□◆□◆□◆


西川京子先生は、
『南京の実相』を出版したときの
「自民党歴史議連事務局長」でした

南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった

■ここに西川京子先生の動画のURLを提示しますので参考にして下さい。

★西川京子 いわゆる「南京大虐殺」を検証する
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6166642


★第1回テレビ調査「麻生首相が大感激」西川京子衆院 ...
http://www.youtube.com/watch?v=UFXzMRsA_dI


★日本は鳩山由紀夫のもの!?、女性議定書退治・西川 ...
http://www.youtube.com/watch?v=p2bnYbrGKcw


★西川京子議員が語る 真実の報道をしない今のメディア
nicovideo.jp
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6033114


□◆□◆□◆□◆□◆□◆

★このまま日本人が無関心でいると、国際社会で益々、尖閣諸島は「中国」との国際世論が形成されますので、
国家の盾』を手にして戴き、尖閣諸島問題の基本的経緯を把握された皆様方の総力を結集して、ゴールデンウィーク明けに、沖縄で数千規模の「守れ尖閣諸島」のシンポジウム&デモンストレーションを実行する必要を痛感しております。



□◆□◆□◆□◆□◆□◆

西川京子先生を選挙区支部長に選出しない自民党は、保守政党として認めることはできないことを、自民党総裁と幹事長に要請をお願いいたします。

自民党ホームページ:
http://www.jimin.jp/index.html

自民党に対するなまごえ(ご意見・ご要望):
https://youth.jimin.or.jp/cgi-bin/info/meyasu_form.pl

谷垣総裁お問い合わせ:
http://entry.tanigaki-s.net/contents/code/inquiry?re=1292224445

石原幹事長ご意見:
http://www.nobuteru.or.jp/feedback/iken.html



要請書の「ひな型」は、
《【日本を】『日本解体法案』反対請願.com》に掲載されております。

http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-236.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆

動画サイト『超人大陸』で『国家の盾』を解説しました

民主党政権には任せられない。日本の武器となる本を出しました。
http://www.choujintairiku.com/mizuma/mizuma3.html


国民が国家意識を共有できなければ、国土も伝統・文化などを守れません。
それには、国民が正しい知識をもつ必要があります。


その基本的国家意識の知識に
いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」』を、
」として振っていただければ幸いです。





日本のマスコミ報道に疑問を抱きつつも、日本人が朝鮮半島で残虐な行為をしたといまだに思っていらっしゃる方、
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「「七奪」は日本の「七恩」だった』の中で、当時の朝鮮版朝日新聞の記事が、真逆だったことを証明してくれてます。


  


□◆□◆□◆□◆□◆□◆

■PVSTAR 携帯専用の無料動画サイト
http://pvstar.dooga.org/Tags/%90%85%8A%D4%90%AD%8C%9B/?guid=ON

この記事は、営利目的以外インターネットだけ転載
(条件:全文掲載)フリーとします。
転載条件は【水間条項から転載】との表記だけで結構です。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/



Please click this banner. Thank you!

人気ブログランキングへ
posted by 水間 at 18:13| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。