2010年11月06日

拡散《今回の尖閣映像を公開した関係者に国益大賞を授与しましょう!》

ENGLISH TRANSLATION

↓Please click this banner.Thanks!

人気ブログランキングへ

拡散《今回の尖閣映像を公開した関係者に国益大賞を授与しましょう!》




● 民主党政権は、尖閣映像を公開した関係者探しに狂奔しているが、公開しなかった菅と仙谷のほうが数万倍国益を損ねています。




マスメディアは中国政府は、どう出てくるかなど、つまらないことにこだわってます。

結果はすでに出ています。
今回、公開された映像が中国に少しでもプラスになっていたなら、新華社や北京中央電子台が鬼の首でも取ったような大騒ぎをするはずです。

それが、「問い合わせ」とか「憂慮」しているだけで、批判がましいことは一切ありませんでした。

仮に、中国側にとってプラスの画像が含まれていたら、中国は世界に向かって大騒ぎするでしょう。

マスメディアは、何故、公開したか侃々諤々ですが、それは簡単です。さまざま事を含め「国益」のため、首覚悟の行動だったの一言でしょう。


★この状況を俯瞰すると、流出した44分間の映像は、部分であり、残りをいつでも公開できる状況にあると言うことである。

石原慎太郎東京都知事が、テレビの報道番組で、中国人漁船員を拘束するとき、巡視船から海に投げ出された職員に、「中国人がモリで衝いていた」と、確度の高い情報として公にしました。

石原知事は、海上保安庁を管理監督していた元「運輸大臣」であり、「モリ」の情報は事実と解釈できるのです。

中国や菅・仙谷の対応如何によっては、第2弾「モリ」の映像が数分間公開されるだろう。

それは、国益のためになりますので。是非、公開して戴きたい。菅政権というより民主党そのものが吹っ飛ぶことになるでしょう。また、中国にとって国際的ダメージは計り知れないでしょう。

これら、一連の日本崩壊阻止の憂国的行為に、尖閣映像を公開した方に「日本国益大賞」を授与したいと思っております。是非、インターネットユーザーのみなさんが選ぶ、日本国益大賞の創設を提案する次第です。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■この記事は、営利目的以外インターネットだけ転載フリーとします。
転載条件は【水間条項から転載】との表記だけで結構です。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

民主党政権下で、せめて覚醒している国民がしっかり一致団結して意思表示をしなくては、日本を守ることはできないでしょう。

それらに対抗する「」に、
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を利用していただけることを願う次第です。

  

■また、南京問題を終結させた資料を満載している『南京の実相』〔国際連盟は2万人虐殺すら認めなかった〕(自民党歴史議連監修、日新報道:推薦文・島村宜伸先生、平沼赳夫先生、故・中川昭一先生:まえがき・中山成彬先生)を、座右の書にして戴ければ幸いです。
 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
↓↓Please click this banner.Thank you!


人気ブログランキングへ
posted by 水間 at 08:53| 尖閣問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。